投稿日:

蟹の通販ではどんな蟹を買えばいいか?ズワイ・タラバとか、ボイル済みとか。。

蟹通販では色々な蟹が買えるので、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、調理法によっても変わってきます。
代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、茹でて殻を剥いてあるポーションタイプが適しています。

また、蟹しゃぶで味わいたい方は、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。
以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。

皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーはどんなツアーか、ご存じですか。
今までこのようなツアーに二の足を踏んでいたなら、次のシーズンに向け、かにの産地で食事ができるかに食べ放題ツアーへの参加を提案したいのです。
なぜなら、とれたてのおいしいかにを地元の食べ放題よりもお安く、おみやげつきで食べられるからです。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。
何より蟹が大好きな私。新鮮で美味しい蟹を味わうために、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、もう十年来の習慣となっています。

私が毎年必ず足を運ぶのは、昔からの知り合いのお店でもある、道南・函館市の蟹料理専門店です。
ここは本当にお勧めです。

北海道の漁場で獲れたばかりの新鮮な蟹を使った料理を味わいつくすこができます。
この冬も勿論その店を訪れますよ!蟹通販は便利なものですよね。

ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の仕方もおろそかにはできません。
蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、どうすれば蟹を上手に茹でられるのかの知識があるか否かがまず大事なことです。

さて、そのコツとは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、全体がきれいに茹で上がります。かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが味噌でかにを決める方もたくさんいます。

味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛蟹に尽きるようです。
こってりした濃い味の味噌こそ冬の楽しみにしている方が多いでしょう。
毛蟹のボリュームは結構という方には、一度ワタリガニの味噌に挑戦してください。
私が使っているお店だと、『かに本舗』という通販のお店が身入りがよい各種カニが格安な値段で買うことができます。
かに本舗評判

投稿日:

格安でおせちを食べられたら嬉しい!

格安でおせちを食べられたら嬉しいですよね。

そのためには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?皆さんは総じて「そりゃスーパーに売ってある”おせち”が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。

ですが、それ以上に安値でおせちが取り扱われている場合があります。一体全体どうしたらいいのか?それは、訳ありのおせちが販売されている、を利用することです。
これが良いおせちを一番安く食べられる方法です。

この方法を使うことによって、おせちを安く手に入れることができます。

少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。色々なおせちを扱っているおせちだからこそ、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか迷うことがよくありませんか? でも実際のところ、国産でも海外産でも、同じ種類の蟹ならそんなに味が違うことはありません。国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、扱っている店舗自体の信頼性です。

例えば、楽天のおせち通販で長年、No.1の売上を出しているは、”匠本舗”です。私が知る限り、5,6年は、おせちで一番の販売実績があり、つまりは、商品が良く、リピーターが多く信頼できるお店と思います。
匠本舗はコチラ

多くの方が満足しているお店のおせちなら、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。
おせちといえば、お得で手軽に蟹を購入できる方法として知られていますが、気をつけなければ失敗する点もあるので覚えておきましょう。

中でも料亭おせちは注意が必要です。

料亭おせちの購入時には、値段や大きさ、それに新鮮さといった項目を必ずチェックするようにしてください。写真だけでは、大きさなどは判断しづらいため、新鮮さやサイズを知るには、商品の説明文も参考にしましょう。サイトでは利用者のレビューを見られることも多く、これも客観的評価の基準になるので参考にしてください。

おせちを調理していく場合には、「料亭おせちがどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。中でも最もポイントとなることは、冷凍おせちを解凍するときどうやるかということです。

多くの人々は急いで解凍するためにおせちを水中に入れてしまいます。そうした場合、せっかくの食材の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。